*

倍率の高い進学校を受験した上山(仮名)さんの中学受験体験談

中学受験を目指す中で最初に考えたのは、自分の偏差値に10を加えた学校を目標高にすることでした。
第一志望校を高めに設定することで、常に目標に向けて成長する自分を模擬試験などから感じ取ることで、
さらなる学習の意欲にもつながりました。第一志望は倍率の高い進学校ということもあり、文系が得意な自分は、まず国語と社会を
完成させることに務めました。小学4年と5年の2年間でこの分野で8~9割を安定して得点できるようにすることで、
苦手な理系科目をカバーすることにもつながりました。そのことで、第二志望以下の学校も楽に合格できたと思います。
中学受験で厳しい競争を勝ち抜けたことで、中学、高校でもやっていけるという自信も手にすることができました。
中学受験のための参考サイト(⇒http://www.mouvementdessansvoix.com/)です。



コメントする